ファイザー社の歴史

VIAGRA

ファイザー社の歴史

製薬製品、カプセルのカプスゲル、カミソリのシック、うがい薬のリステリン、ケーキのアダムズ、賞賛魚製品のtetraベルケの公園デイビス(パーク-デイビス)を抱きます。
2000年のアメリカ合衆国。
2003年によりアメリカのファルマシア会社を購入して、世界最大の製薬会社になりました。
技術と呼ばれて、1990年代から進んだ製薬業界再編のボスと、納得のいく新しい医療と候補に挙げられた利益を「ファイザー・モデル」とそれで獲得されるそのあらゆる会社は、ありました。

世界統一の会社スローガンは訪問しました。
「より健全な世界で働く」(好ましい世界実現のために)ことは2006年に発表されました。
2008年に「より健全な世界のために一緒に働く」ことは、「一緒に」加わられました。
ワイス社を購入すると発表しました。
2009年1月におよそ680億ドルに賛成で、年10月までに購入処置を完了されるアメリカ合衆国。
それは、刷新します。
2010年のロゴ・マーク。
ほぼ9000億円は毎年研究開発に費やされました。
しかし、1998年のバイアグラと(2011)が閉じる稼ぎ頭であるLipitorの特許が尽きることからそれが2006.I反復句で特大の新しい医療で失敗されたとき、期待されたトルセトラピブの臨床試験以来、ファイザーの本体からの新しい医療はやって来ませんでした。
そして、管理システムのチェックに強制されることは現在の状況です。
世界規模のリストラは、日本の子会社を含む後の説明のように前方へ、このように推進されます。