日本のファイザー

VIAGRA

日本のファイザー

米ファイザー(ファイザー社)の日本の子会社はファイザー(ファイザー日本株式会社)社です。
本社がそうである社は3-22-7、代々木、渋谷区、東京(新宿文化5度音程建設)に位置しました。

、共同の管理によってファイザー田辺を設置しました。
田辺製薬(田辺三菱製薬(株))1953で、そして、日本に行きました。
テラマイシン国産品を増やすことができることなく当時の主要製品テラマイシン(抗菌性)のような販売を始めたけれども、共同の管理契約の取消しは当時の厚生省の方針によって迫られました。
定着します。
1955年6月の台東ファイザー。
台東(三井製糖)が最初のペニシリンの文化技術でそれをリリースする間、パートナーとして外国の製薬製品メーカーとともにタイアップを手探りで捜します。
そして、関心は当時のファイザーと一致します。
1955年にファイザー田辺の田辺製薬株シェアを台東に譲り渡しました。
そして、台東ファイザーは出生(実は、後で会社名変化を実行します)を実行しました。
外国の製薬会社は弊社製品をForeign取引所の規制とForeign Trade Control Actで売られます。
日本の主要な製薬会社による合弁事業を通しての共同の管理であった日本の製薬会社によってから、1970年代への、しかし、そこの1950は多かったです。
そして、それと台東ファイザーは最初で取り戻された配達(先に中で販売)出身のMR(医薬情報担当者)を使用しました。
特徴がそうであるhouse.Therefore、多くのMRを持ちます。